青島太平洋マラソン(参戦記)

| コメント(0)
フルマラソン4回目、青島太平洋マラソンへの3回目の出場をしてきた。

これまで、たいして練習をしないまま本番を迎えて来たが、今回は多少の走り込みをしてきた。この3ヶ月くらいの間に、30km走1回、ハーフ走を4回、延べ350km余を走った。

結果は、満足にはほど遠いものだった。あわよくば4時間15分ぐらいいけるか、と思っていたのに、32km過ぎに両足の3箇所が次々に「ツっ」てしまい、しばらくは歩くのがやっとの状態。歩きながらなんとか回復して、ラスト3kmほどは、歩くよりマシな程度に走ることはできたけれど、強烈なブレーキとなった。

過去3回と違って、気力は充実し、30km地点を過ぎても、「先に心が折れてしまう」ことがなかっただけに、悔いが残る結果だった。ま、結局は、30kmを超える距離を走れる脚力が付いてなかったということなんだろう。まだまだ鍛えなければなあ。

とはいえ、前向きに考えると、27歳の自分の記録を数分だけ更新することができた。30kmまでは余力を持って走ることができ、「4時間の壁」も薄ぼんやりと見えてきた気もする。来年こそ、心から「やった!」と言えるように頑張ろう。

ちなみに、ゴール直前で「iPod Shuffle」から聴こえてきたのは、「半分少女/小泉今日子」。泣けました。

ラップ
 0− 5km 30分44秒(6分 9秒/km)
 5−10km 28分01秒(5分36秒)   
10−15km 27分07秒(5分25秒)
15−20km 27分19秒(5分28秒)
20−25km 28分54秒(5分47秒)
25−30km 32分38秒(6分32秒)*トイレに並んだロス(2分くらい)
30−35km 42分53秒(8分35秒)
35−40km 45分31秒(9分 6秒)
40−42km 16分44秒(8分22秒)

合計  4時間39分51秒(6分38秒)

<memo>
・朝5時起き。6時お迎えで、会場へ。
・マラソン中の思い出。たくさんの声援。ボランティアの女子高生とのハイタッチ。男子とはせず(笑)。スタート直前の突然の尿意。27km地点でついに我慢がきかずトイレ(もったいない)。家族が神宮、32km地点、ゴールで応援。残り500m地点でB夫にかわされた。友人らと目線で応援し合ったこと。
・チームの打ち上げ+忘年会。聖地にて。16:30-20:30
(フル)虹、白、黒、赤、紫、鮭、緑(ハーフ)紅、蛍、三(10km) 金
(応援)橙、輝、珠、桜

コメントする

このブログ記事について

このページは、kaishindouが2008年12月14日 00:00に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「ハナ社長の発表会」です。

次のブログ記事は「青島太平洋マラソン(感謝)」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

ウェブページ

Powered by Movable Type 4.21-ja