味のおぐらチェーン徹底研究

◆第1回 瀬頭店(宮崎市)/03.08.17
◆第3回 高鍋店(高鍋町)/03.11.09
第2回 佐土原店(佐土原町)/03.09.21.
【贋・スタンダード型】¥900



佐土原店である。宮崎市方面から向かうと、バイパスの終了地点、北部からくると、佐土原市街地とバイパスとの分岐点にある。とんがり三角屋根だからすぐにわかると思う。佐土原町の中心部からは随分と外れており、ドライブイン的な佇まいとなっている。

広々とした駐車場に車を止め、店内に足を踏み入れると、高い天井と、広々とした空間が広がる。そして、なぜだかトーテムポール、木彫りの像、仏像といった、一見無秩序でありながら、「チープ」というコンセプトでまとめられたインテリアが出迎えてくれる。出迎えなくていいのに。「熱海バナナ園」とかをイメージして頂ければかなり近い感じだと思う(行ったことないけど)。

さて、肝心のチキバンであるが、宮崎市に近いせいかオーソドックスな「スタンダード型」である。チキバンの揚げ具合、タルタルの甘みなど、まごうことなき「おぐら」感を醸しだしている。

「なんだよ、じゃあ瀬頭店と一緒かよ」

そんな声が聞こえてきそうだ。
ちっちっち(左手の人差し指でワイパーしながら)。

上の写真と「瀬頭店」のものとをよおおく見比べて欲しい。チキバンの色目の違いは、照度の違いであろうから無視してもらうとしても、どこかが明らかに違っていることに気が付くハズだ。

・・・そう。佐土原店には「りんご(うさ仕様)」が付いてないのである。ガッデム!なんてこったいっ! チキバンの付け合せは、「スパゲティ、キャベツ、そしてリンゴ」の3点でセットなのに!わかってねーな佐土原店。

チキバンを食べ終わったとき、口の中は甘ったる〜いタルタルソースの味に満たされている。それはそれでシアワセワンダーワールドではあるのだが、しばしの余韻を味わったあとには、やはりちょっとさっぱりしたい。そのときに、リンゴの役割がぐぐっと急浮上するのだ。ちょっとケチャップソースがついて赤く染まってたりするのも、懐かしい気分に浸れて嬉しかったりする。

その、フルコースの最後のデザートとも言うべき、リンゴちゃんがいないとはなんたる欺瞞。代わりにトマトが入ってはいるが、トマトではタルタルの甘みに対抗できない。役不足である。しかも、怒りにまかせて、ちょっと偏見の目で眺めてみれば、キャベツの分量もやや少ない気もしてきたぞおい。

ううむ。これでは「贋・スタンダード型」と言わざるを得ない。佐土原店には猛省を促したいと思う。でも、どうやって?(03.09.21 kaishin)


【佐土原店 佐土原町】
所在地/佐土原町大字下田島7601
駐車場/あり(50台)
交通アクセス/JR佐土原駅より徒歩20分,車5分
営業時間/11:00〜21:30
休日/なし